ひろぶろ

海外旅行〜ライフハック〜資産形成〜語学など

【保険】本当に加入すべき「保険」は・・・これだ!

      2016/05/30

スポンサーリンク



加入すべき保険はこの2つ!

・掛け捨ての「生命保険」

・掛け捨ての「損害保険」

この2つについて解説してみます。

slip-up-709045_1920

(おっとっと。危ないぜ)

生命保険

生命保険とは

生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。 生保(せいほ)と略称される。 日本では生命保険会社がこれを行っている。(ウィキペディアより)

ということです。

人がけがや死亡した際に支払われる性質ものです。

次に損害保険です。

損害保険

損害保険とは

損害保険は、偶然のリスクによって生じた損害をカバーするための保険です。 そのために一定額の保険金が支払われる生命保険とは違い、損害額により保険金の支払いが変わる「実損払方式」が中心となっています。(ウィキペディアより)

です。

簡単に言うと「損害」を与えてしまった際に支払われる性質のものです。

この2つに共通する項目は、

貯蓄ではカバーできない部分をカバーする

という点です。

生命保険で言えば、一家の大黒柱が死亡して生活ができない・・・

損害保険で言えば、車などで交通事故を起こし、相手を怪我・死亡させたなど・・・最近は自転車事故も増えてきてますね。

したがって生命保険(死亡及び障害の両方をカバーできる保険)と、損害保険(自動車保険や個人責任損害賠償保険)この2つは最低限必須です。

※ちなみに冒頭で掛け捨てをお勧めした理由は、「保険」というものは「当たらない」と損する「負の賭け」だからです。保険の起源は、ヨーロッパから世界へ航海する複数の船の中、沈没や遭難で、「世界から持ち帰る価値あるもの」を守る為に生まれたもの。無事ヨーロッパに帰ってこれそうにない船を選択しお金をかける。つまるところれっきとした賭けなので、胴元(保険会社)に私たちは勝てないのです。賭けに勝つ方法は一つ。それは賭けに参加しないこと。ですので極力不要な保険に私は加入しません。

医療保険は不要

医療保険は不要です。日本は社会保障が充実しています。

国や健康組合の健康保険で十分まかなえます。

怪我・病気したら傷病手当などもらえますしね。

スポンサーリンク



余談ですが、海外旅行保険については加入すべき

海外旅行保険には加入すべきです。言葉や慣習が違う国でのトラブル対処は心身

ともに疲労します。一般的に旅行前にお金を払うもの、と思っている人が多いで

すが、クレジットカードに海外旅行保険が付帯するものもあります。また別途

ご紹介いたします。

結論:保険は本当に必要なもののみ加入すべき

私の親が保険の代理店をしていましたが、かなり儲かっていたそうです。

それでも私は保険には入りません。

ノーガード戦法でいく!!

なぜなら賭け事が嫌いだから。

賭けするくらいなら、保険をしなかったことで浮い

たお金で自分で資産運用する方がマシです。

参加してます!にほんブログ村 IT技術ブログ ライフハックへ
にほんブログ村

 - 節約, 資産