HSK5級の作文対策と試験結果

語学

HSK5級を受験しました。

スポンサーリンク




先月6月、7月にHSK5級を受験しました。

正直なめていました(1分も直前まで勉強していませんで。)が、ぎりぎり183点で6割越え。なんとか合格しました。

追記)2回目は197点でした。

さて、自分の記録として、また皆様の今後の参考として、作文について解答例を

晒しあげたいと思います。

第三部分の作文について、以下の様な2つの問題が出ました。

1、以下の5字を使用して作文を作りなさい。

太太、紀念日、慶祝、餐庁、感動

私は以下のように回答しました。

正直これはまあストーリーも比較的簡単に推測ができて余裕でしたね。

私の中国語先生曰く、文法的に問題はないとのことでした。

昨天我跟我太太的結婚紀念日。
我和我太太去聚食。為此我事首先做了準備。
為了慶祝紀念日、所以予訂了一家餐庁。
用餐時、我帯來了一個玉糕。太太非常感動。

さて、二問目は以下です。

通常、写真を見てその情景、状況について説明するといった内容です。

これだけ聞くと簡単じゃん、と感じますが・・・以下のような問題が出題されました。

2、人型ロボットが掃除機を使っている絵(字数80時程度)

えぇぇ???

正直ITには疎く、一瞬焦りましたが、焦っても合格はしません。

一旦深呼吸し落ち着いてから、以下のように回答しました。

スポンサーリンク



人们不能想到智能机械做家事。

智能的意思是像这张照片,智能人工机械在房间打扫。

如果技術発展的話、人们更保持多時間、然後対娯楽使自己的時間。

人们学习和成长,另一方面,人工智能也学习和成长。

———————————————————————————

和訳

人間は皆、スマート家事ができることを想像できない。

“スマート”の意味はこの写真の様に、人工機械が部屋を掃除することだ。

もしも技術が発展すれば、人々はさらに多くの時間を確保でき、その後

娯楽に対し自己の時間を費やすことができるだろう。

人間が学習し、成長する一方で人工智能も学習し成長しているのだ。

 

物語を考えるのはきつかったので、評論家のように回答してみました。

ちなみによく台湾にいきますが、台湾では「人工智彗」の単語ばかり見ました。

しかし一応これは大陸の試験だし、人工智能にしておくかwと忖度してしましました笑

また、中国語の先生曰く、「この回答、朝日新聞の社説みたいねwwww」とのことでした。

あ、おそらく80字行ってないでしょうが、たしか調整しましたのでご了承くださいw

試験のまとめ

しかし、正直、一番は時間切れとの勝負かと思います。

まず閲読が結構シビアでした。日本人なので漢字を見ればなんとなく、意味がわかってしまいます。そのおかげで、なんとか得点をカバーできているんだと感じました。

一方作文については、簡単な語彙でも、文法的に間違えがなければ作文は合格できますので、基礎をしっかりと作っておくことが合格の秘訣です。

ちなみに私はリスニング(聴力)は6割以下でしたので、基礎的な部分を重点的に勉強してきます・・・

皆さんもHSK5級突破目指して頑張って欲しいです。

次は最上級のHSK6級に挑戦します!

コメント