軽自動車の維持費はいくら?最安で19万円です。

節約

軽自動車の維持費は・・・年間約19万円

先日親に軽自動車を譲ってもらいました。

軽自動車は車検もあり、原付と比較して維持費が高いです。

今回は下記条件にて、維持費の概算を弾いてみました。

条件

年齢:26歳以上

車種:660cc

年式:13年以上

年間走行距離:10,000km以下

スポンサードリンク



①軽自動車税 10,800円

まずはこれです。年1回(4月1日時点で所有している時)払う税金で排気量ごとに払う金額が違います。ちなみに2015年より増税されました。

従来の7,200円が10,800円になりました、くっそたけえ。

②重量税 5,000円

簡単に言うと、「重い車ほど高い税金払ってね」って趣旨ですね。

道路に負担がかかるのです。

③自賠責保険 12,535円

自賠責保険は法律で加入が義務付けられている自動車やバイクの保険です。強制保険とも言います。
最低限の補償は自賠責保険から受けることができます。

しかし後述する任意保険がないと、万が一の時事故によって生じた損害をカバーできません。

ちなみに2年で25,070円でしたので、これも1年分に算出しています。

④任意保険 40,000円

26歳からぐっと安くなります。ここまで待つのもオススメです。

スポンサードリンク



⑤ガソリン代 65,000円

燃費を23kmと仮定

年間走行距離 10,000km
ガソリン価格150円とすると
10,000km÷23km/L×150円=65,000円

走行距離が伸びれば、自ずとガソリン代も上がりますよ。

⑥車検代 50,000円

車検は2年に1回で約50,000円と仮定しました。

ちなみにユーザー車検でしたらもっと安くなります。

これに消耗品交換もありますでしょうから、もっと高いでしょうね。

結論:維持費は月16,000円ほど

いかがでしたか?

都会か田舎や車種(軽、普通車など)で項目に差が出てきますが、

初期費用100万円の軽自動車を10年乗った場合、

維持費を考慮して300~400万円くらいかかると思います。

年間40万円(月3マン円!!)も払うぐらいなら、

ちょっと面倒ですが自転車、バスや電車、レンタカーを使用したり

して車の購入をやめた方が圧倒的に支出が減ります。

都会に住んでいるならまず不要です。電車でなんとかなります。

田舎に住んでいるなら、なおさら歩け。痩せるし

それか原付おすすめです。

 

スポンサードリンク



コメント