【早期リタイヤ】世界の若い世代は早期リタイヤを目指している人が増加。その方法は圧倒的倹約と投資!

教育

アメリカでは早期リタイア族が増加中

端的に言うと、貧しいわけではなく、収入の3/4を貯蓄に回すことで、経済的に自立した早期退職(Financial Independence, Retire Early(FIRE)を目指すアメリカ人の話です。

こんな方々の話がWSJに載っていました。

みんな「本当の自由」を手に入れたいと思っているのですね。

日本でも貯蓄してアーリーリタイアしたいと考える人

それなりにいると思うのですが、誘惑に負けず、

ここまで徹底的な倹約をするのは難しいと感じました。

そしてさらに前提条件として、メインの収入も多くないと難しいです。

スポンサードリンク



具体的に実行していること

・食費を月75ドル前後に抑えるため、茶色く変色したバナナなど廃棄寸前の食品を探す。

・ガソリン代を節約するために通勤は徒歩。

・ボロい安い家に住む。

・ネットフリックスは友人にPASSを借りて無料視聴。

上記は実際に弁護士の人がやっていたことです。

一方下記は私の状況ですが、かなり惨めなのに、金額で完敗です笑。

・実家に住んでいるため、食費を月300ドル徴収されるも、

家族はお菓子を間食。

・徒歩通勤(往復40km)は無理なので原付。

・ボロい安い家に住むが隙間風がひどく、冬は底冷えがしんどい。

自分の部屋もないので、安い軽自動車がマイルーム。

・YouTubeでなんとかコンテンツを探し無料視聴。

弁護士なのにここまでやるかと言う具合の倹約ぶりですね。

やっぱり強靭な精神力がないと無理ですね。

倹約のみではなく、日本だといろんなポイントサイトや

自己アフィとかありますが、アメリカはないのかな??

やっていることは基本的なこと

長々と羅列しましたが、要は

①支出を少なく、②稼ぎは多く、

③余剰金は投資に回す

これだけですね、これだけでFIREすることは可能だと思います。

ちなみにアメリカでは、早期リタイアするには、

推定200万ドル(2億円)必要らしいです。

日本ではその4分の1以下(5000万円)でやっている人

(セミリタですが)もいますので、相当デフレなんだなと感じます。

俺も頑張ろう。

ちなみに中国語では「經濟獨立、早早退休」と呼ぶそう

「FIRE」運動——financial independence, retire early(經濟獨立、早早退休)とのことで、中華圏にも拡大していくのでしょうか??

参考:如何在30歲時實現財務自由,早早退休?

ニューヨークタイムズ中文版より

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

コメント